きづがわ瓦版

ことのはぐさ

2013.05.22 弁護士 小林保夫| 橋下徹氏の資質を糾弾する


 橋下徹氏は、先般、「第2次大戦下日本軍にとって慰安婦制度は必要であった。」、「沖縄駐留の米海兵隊は風俗産業を活用して欲しい。」と発言した。これに対して、日本のみならず、韓国・中国・アメリカをはじめ広く世界中から厳しい批判が寄せられている。彼は、国際的に、日本と日本の国民の評価を容易に回復できないほどに深く傷つけ、辱めた。私も、この発言とこのような発言をした橋下氏の人間性に対して、吐き気を催すような生理的嫌悪を覚えた。

 橋下氏は、弁護士であり、市長という公職にあり、かつ維新の会という政治団体の代表を務める政治家である。彼は、弁護士としては、「基本的人権を擁護し、社会正義を実現すること」(弁護士法第1条)を義務づけられている。「慰安婦」という性的奴隷を容認することは、基本的人権の擁護、社会正義の実現という使命に真っ向から背くものだ。
 また、このような発言をもたらす彼の知的水準、精神構造、歴史認識、人間的資質は市長や政治団体の代表としての適格性に欠けることを端的に示すものではないか。
 そして何よりも、彼は、このような発言によって、みずからの人間としての尊厳をみずから救いようのないほどに貶めることになったことを自覚できないのであろうか。

 私たちは、彼によって日本人としての資質や評価を代表されたくない。


来所相談 初回30分無料
  • 電話予約 06-6633-7621
  • WEB予約 相談したい日をネットから申込(24時間受付)
  • 電話予約 06-6633-7621
  • WEB予約 相談したい日をネットから申込(24時間受付)
 平日相談 10:00-12:00、13:00-17:00 夜間相談 毎週火/水曜日 18:00-20:00 土曜相談 10:00-12:00